パソコンを処分~新品購入までの流れを考察する

パソコンが家庭で必需品となった現代、誰もが当たり前のように持っているのが普通になったからこそ考えたいのが、古いパソコンを棄てる時です。この時、実は知っておかないといけないこと、まずいこと、そしてお得な事もある。その後新品購入にも踏まえて、このサイトではパソコンを廃棄から新品購入までの流れを独自考察で読み解いていく。

Menu

新しいパソコンの購入


リサイクルした後の事

古いパソコンをリサイクルするとなったら、その後にはやはり新しいパソコンを用意しなければなりません。古いパソコンを棄てるということは、それまで持っていたパソコンを手放します。当たり前すぎて触れる問題でもありませんが、そうなった後にきちんと代わりとなるパソコンを用意していないといけません。ただ古くなったから手放す、しかし代わりとなるパソコンもないのに手放してしまったら元も子もない。

リサイクルした後よりも、リサイクルを検討している最中に一番考えたいのが今使用しているパソコンの後継機となるものをいつ購入するかでしょう。リサイクルする方法や出し方については、先に説明したとおりとなります。完了したら次にしなければならないのは、次に使うパソコン選びでしょう。ここがやはりミソ、どうせなら新品を購入して、失敗のない買い物にしたいと考えている人が気になるのは、どうすれば失敗しないかだ。

パソコンと言ってもやはり中身や機能だけでは選べない側面もあるので、パソコンを購入する際に失敗しない方法について少し見ていこう。なお、ここでは主にノートパソコンの話を中心としていくので、その点はご了承下さい。

パソコンを買い換えたい方へ

購入時に気をつけたいこと

パソコンを購入する際、何も考えずフィーリング1つで買う人は流石にいないでしょう。感覚的にこれが良いと直感的な閃きは勿論あると思います、なぜなら筆者も現在所持しているパソコンはそれに近いからだ。今考えても無謀な買い物をしたものだなぁと思った反面、結果的に扱いやすさもあって後悔を覚えることはなかった。ただ一つ残念だったのがバッテリーの持続時間が非常に短いという点くらいだろう。

またパソコンの価格だけに捕らわれている人もいると思います、これもパソコンを初めて購入した際には重視していた点ですが、それも後悔する人としない人に分かれると思います。ですが基本的に使用する時間を思うと、数年程度は何の問題もなく使用し続けられるものを購入するように心がけたい。ただ安いだけでなく、性能も比較的低くない物を選択した方がいい。何でもいいといって、購入の選択肢を誤ってしまうと自責の念に駆られるのは自分なので、注意されたし。ではどんな点を気をつけたいのか、主に3つの点から探っていこう。

要らないパソコンどうしよう…

ケース1:パソコンの大きさ

まず最初に気をつけたいのが、パソコンの大きさだ。自宅で使用するからデスクトップ型を購入する人は良いとして、ノートパソコンの購入を考えている人は大きさをまず考えたい。ノートパソコンにしてもサイズの種類は千差万別とまでいかなくても、それなりに数が揃っている。その中でどういった意図で利用するかを考えなくてはならない。基本的な目安としては、

パターン サイズ 目的
日常使い A4ノートブック ネット閲覧・文章作成
ビジネス ビジネスモバイル 業務用作業
持ち歩き モバイルノートパソコン 外出先でパソコンが使用できる
ネット閲覧 ネットブック インターネット利用

このようになっています。大まかに分けましたが、どのような状況で使うのかを考えると大体大きさなどの目安は決まる。利用用途もそれに逸脱することもあるかもしれませんが、大きさ的な問題は家で使うものか、家でも仕事用に使うか、また外出先で使うことも想定して、それともインターネットの利用だけに留めるか、そういった点を考慮して検討すると良い。

性能で決める

次に重視したいのは、パソコンの性能だ。主に注目するのは、パソコンの頭脳たる『CPU』となっている。現在だと『Core-i』シリーズが主流となっており、処理スピードもそれまでの物と比べれば格段に違っているので、そうした点を踏まえて性能面を気をつけるといいでしょう。何と言っても処理スピードが速いか遅いかで性能の良し悪しが左右されると言っても過言ではない、クリエイティブ系の仕事をする人にしたら、速ければ速いことに越したことはないと段々性能の遅さに堪えられなくなっている筆者の本音が投影されるようだ。

またメモリについても最低『4GB』あると不便な事にはならないと言われている。その気になれば外付けHDDを購入する方法もありますが、基本的にストレージすることを考えればメモリも容量が大きいことに越したことはないでしょう

通信機能の良し悪し

筆者がパソコンを購入した時、一番困ったのがネット環境の整備だった。ルーターを購入した後、付属の無線LANを用いていたもののその後に調べてみたら、パソコン内部に無線で接続する装置が搭載されていたという。これを知った時、今までの苦労は何だったのかと唖然としたものの環境が格段に良くなったので問題ない。

現在のノートパソコンの多くは、こうしたネット接続できる通信機能は大体搭載されているもの。ただ中にはされていないものもある可能性があるため、インターネットに接続することを前提にするなら通信機能の有無はきちんと確認しよう。