パソコンを処分~新品購入までの流れを考察する

パソコンが家庭で必需品となった現代、誰もが当たり前のように持っているのが普通になったからこそ考えたいのが、古いパソコンを棄てる時です。この時、実は知っておかないといけないこと、まずいこと、そしてお得な事もある。その後新品購入にも踏まえて、このサイトではパソコンを廃棄から新品購入までの流れを独自考察で読み解いていく。

Menu

パソコン廃棄で知っておきたいこと


どうして無料なのか

パソコンを廃棄すると決めたらやることは沢山あります、ただそれでもかつてと比べればさほど難しい問題でもないはずだ。2003年以前はそれこそ色々な意味で無法地帯だったのでしょう、IT革命などという旋風によって一般的になりつつはあったものの、まだまだ需要が伸び悩んでいた時期でもあったパソコン。持っていればそれだけである意味流行りモノに乗っかっていた感が強かった時代でも有ります。今の学生にすれば家庭にあって当たり前ではあるものの、パソコンよりもスマホなどの方が一番親しみが有り、使い慣れているとも考えられる。

世情の変化により、多くの人が扱うようになっていったパソコンも、年ごとに新製品が続々と発売されては定期的に買い換えている、なんて人もいるかもしれません。どんだけリッチなんだよと言いたくなりますが、そうするだけでも使わなくなったパソコンは増えていきます。全て使用しているという人もいるかもしれませんが、それはそれで置き場所を考慮しても目に余るものとなるのは時間の問題だ。そうなった際には回収してもらう事になりますが、ここでちょっと気になるのはどうして『無料』で引き取ってくれるのかという点でしょう。

送料こそ負担しなければいけませんが、現在発売されているパソコンは全てメーカーが送料以外に利用者から費用を求めることは出来ない仕組みとなっているのだから、不思議な話だ。パソコンを構築している部品の中には、確かに貴重な代物が利用されているケースもある。そうした点も含めて、どうしてパソコンを廃棄・リサイクルするとなったらお金を負担しなくていいのか、その点を少し考えてみよう。

パソコンを買い換えたい方へ

業者としての利点

無料回収する業者として、損をすることばかりのように思うかもしれませんがそうではないのです。実際には利用できるか否かに関係なく、届いてくるリサイクル用のパソコンはどれもメーカーにすれば、お金のなる木といってもいいのだ。どういうことかというと、それこそ先に紹介したパソコン内部にて使用されている製品、金・銀・レアメタルといった物を求めている外部の業者に販売すれば、きちんと利益を取ることが出来るのです。無論無料で引き取った後の個人情報管理について言及することもないが、徹底しなければならない。もしここで不始末が起きようものなら、確実に大問題へ発展してしまうからだ。

無料で引き取ってくれるからこそ見えてくるのは、企業のメリットとは何かだが至って単純だったようです。だからこそ無料で引き取っても痛くも痒くもないと感じる一方で、引き取ってまだ動作するパソコンであればリペアしてアウトレット商品として販売すればいい。先に話したソフマップはその代表格と行ってもいいでしょう。

購入者側の立場として

ただこうした側面がある一方で、引き取ってもらう人にしたら利点は送料以外お金を負担しなくていい、部屋のスペースが広くなるといったことくらいなのかという話にもなる。お金になるなんてずるいと思って、自分で分解して金などを取り出そうとする人もいるでしょう。ですがそれこそ時間と労力をかけなければならない、また個人とそうした鉱物を扱う企業と取引するのもかなり無理がある。

購入者にすればほとんどお金を払わないで引き取ってもらえることに喜びつつ、企業側のメリットを我慢して見逃すくらいしか出来ないかもしれません。

要らないパソコンどうしよう…

引き渡すなら当然

ですがこうしたパソコン回収の無料にあるメリットは、デメリットとして企業の影を暴く鍵にもなる。言うまでもないが、利益優先という題目を立てればとにかく回収して分解するという方法を取られかねない。そうなると必然と回収にも躍起となる可能性はないとは言い切れず、回収後にこちらが望んでいる作業をきちんと遂行するかどうかも疑問が残る。特に言えばハードディスクの存在だ、回収した後は個人情報を格納して保管してある、なんてことになっているなどと考えたくもない。

情報漏えいを完全に防ぐ方法は存在しないが、それでも回収後に手はず通りの作業をしてくれる企業でないと回収は任せられない。だからこそ、下手に回収を専門的に行っている業者よりは、自社製品の回収を行っているメーカーへ引き取ってもらったほうが安全なのかもしれません。とはいえ、後ほど触れますが東芝といった超一流どころの不祥事といったネガティブな案件が出てきてしまうと、預けていいものかと不安にもなってしまいます。

最終的には自分が信頼できると思った企業へ引き渡すようにしたいが、それを見つけるのも骨がいりそうだ。