パソコンを処分~新品購入までの流れを考察する

パソコンが家庭で必需品となった現代、誰もが当たり前のように持っているのが普通になったからこそ考えたいのが、古いパソコンを棄てる時です。この時、実は知っておかないといけないこと、まずいこと、そしてお得な事もある。その後新品購入にも踏まえて、このサイトではパソコンを廃棄から新品購入までの流れを独自考察で読み解いていく。

Menu

回収してもらう前に


リサイクルマークの確認は必要

要らなくなったパソコンを回収してもらうとなった際、念のため確認しておきたいのが『リサイクルマーク』の存在だ。2003年10月以降に生産・発売された商品には基本的にこのマークはついており、余計な料金を負担すること無く、メーカーは回収を行ってもらえる仕組みとなっている。だからこそ、確認しておきたいことでもある。というのも、人によっては押入の奥そこに沈められた物品の中には懐かしいような、邂逅したくなかったような代物が突如として出てくることもある。旧型のパソコンなどが良い例だ。

期日までに開発されているものならマークはあるかもしれないが、なかった場合は送料以外にも引き取るために多少なりとも手数料を支払わないといけない。面倒と感じるかもしれませんが、分解してゴミ分別できる程度に解体が出来ないのなら、引き取ってもらう以外にほかはありません。不法投棄などの犯罪は以ての外だ、バレなければ何をしても問題ないと勘違いしている人もいるでしょう。そういう人の口車に乗せられて、下手なことをするよりかは健全な手段を選んだほうが人間らしい。何事も安全に暮らしていくことが大事ですので、お金を払いたくないと嘆くよりかはもう使わないから棄てるという選択肢を選んだほうが健全だ。

では、リサイクルマークがなかった場合にはどれくらいの値段がかかるのか、というのも気になるでしょう。某メーカーが提示している参考例として、回収の際に料金負担が伴うケースについて触れてみよう。

パソコンを買い換えたい方へ

ない場合の回収費用

ここで紹介する回収費用については、某メーカーの物を参照している。とはいっても、決して高すぎるというわけでもなく、粗大ごみであるパソコンを回収してもらうという点では高くは感じられない。ただ極端に安いとも言いがたいものの、それでも妥当な値段といえるのではないかと考えている。リサイクルマークがないだけ、もしくはリサイクル回収してもらうパソコンの種類によっても、値段は前後します。

デスクトップパソコン本体 3,240円
ノートパソコン
液晶ディスプレイ
液晶ディスプレイ一体型パソコン
CRTディスプレイ 4,320円
CRTディスプレイ一体型パソコン
デスクトップパソコン本体+CRTディスプレイ 7,560円
デスクトップパソコン本体+液晶ディスプレイ 6,480円

このメーカーでいうところの回収費用となっていますが、大まかに言えば大体の人がパソコン本体か、それとも使わなくなったディスプレイだけかの違いとなる。一体型パソコンもあることにはある、それらの値段を比較してみるとやはり本体とディスプレイは一番値段的に掛かると見ていいでしょう。高いもので本体とCRTディスプレイのセットとなっているが、本体だけならその半分以下の値段で引き取ってくれる。

高くもなければ、極端に安くはないものの、納得しようと思えば出来る値段となっています。リサイクルマークがついていないだけでこれだけの費用負担となる、そう考えると分解できればどれだけコストダウン出来るかは言うまでもない。ですがそうだと言われてしまえば、納得もできてしまうので不思議な話なのかもしれません。

一昔というほどでもありませんが、90年代に開発されたパソコンというのは何かとサイズが大きく、ディスプレイにしてもブラウン管テレビを彷彿とさせるような質量となっている。それがデカデカと収納スペースに置かれていたりしたら、それだけで邪魔だ。有意義にスペースを確保して、さらには棄てたかったパソコンを棄てられると割り切ればなんとかなるのではないか。

友人などから引き取ったパソコン

この時、友人や知人などから引き取ったパソコン、それを棄てるときにどうしたものかと扱いに困る人もいるだろう。ただ自分の知り合いであればいいが、例えば親兄弟が知り合いから譲りもらったパソコンともなると、処分の方法に困るという人もいるでしょう。筆者もそうだが、半ば押し付けられるようにパソコンというか、でかい邪魔なゴミをどうしたものかと悩んだものだ。余計なスペースだけ取って、肝心の機能を使うことが出来なかったのでゴミ同然の代物だった。

ただ無下にすると面倒になると思って放置していたが、流石に限界が来たので棄てることにする。なにせOSがWindows98で、既にVistaが出ていた時だったこともあったので棄てることに一抹の不安もなかった。色々な意味で、古いものを回収して分解した中身だけを有効活用してもらえると思ったら、回収費用も吝かではないかもしれません。

要らないパソコンどうしよう…

なければ覚悟も

古いパソコン、2003年以降に開発・生産されたものだったら上記を参照とした値段を支払わないといけません。メーカーにより値段が異なっているため確認は必要ですが、溜め込んでこの先使わないよりかは無くして室内のスペースを確保するほうが余程健全といえる。

断腸の思いに苛まれる人もいるかもしれません、ですがここはゴミを残しても何の意味もないと思って割りきって棄ててしまおう。そのくらいの意気込みでいれば、リサイクル費用も毛ほども気にしなくなるだろう。